本日10月25日は、太平グループの53回目の創立記念日で、
午前中に創立記念式典が行われました!


式典では、太平グループで永く勤めていただいている方を
毎年表彰していて、5年、10年、15年・・・と
5年刻みで節目を迎えられた方が対象になります。

今年は、入社5年目から35年目の方までの全43名の方が
表彰され、表彰式では、各社社長から一人ひとりに表彰状と
記念品が授与されました。
また、表彰に関係なく、全社員に紅白の大福が用意されます。

20171025-IMG_5239 (250x250).jpg


その式典の開会に先立って、蠡席燭良社長から挨拶があり、
その中で「企業生存率」の話がありました。



内容としては、1つの中小企業が起業してから倒産するまでの
割合を調べたそうで、起業から1年で約30%、3年で約70%、
5年で約85%、10年で約93%の会社が倒産するというものでした。

式典終了後に早速調べてみると…30年以上存続してる中小企業は、
0.021%ということも載っていました。
改めて、会社を永く続けていくことって、
とっっっても大変なことなんだなと思いました。


太平グループも53年の歴史の中でいろいろなことがあったと
思います。
順調な時、厳しい時、会社の転換期など…それらを乗り越えて
こられたのは、これまで太平グループで永く勤めていただいた
役職員の方々の努力があったからこそなんだと思います。

今後、100年企業を目指すにあたって、今後もいろいろなことが
起こると思いますが、歴史を刻んでいく尊さを創立記念日に
毎年感じていきたいと思います★